ふくらはぎ 痛い 原因

ふくらはぎを触るだけで痛い!気になる3つ原因とその対策とは?

するるのおめぐ実

ふくらはぎをさすったり、触るだけで痛かったりすることありませんか?

 

運動をしたりして、筋肉痛になるんだったら原因がわかるので、
湿布を貼ったり、安静にするなどの対処をとることができますが、

 

まったく思い当たることがないのに、ふくらはぎが痛くなるというのは、
不安になりますよね?

 

『ふくらはぎが痛い!』といった症状は、一般的に『むくみ』と言われていて、
『浮腫(ふしゅ)』と言われることもあります。

 

下記の記事で紹介していますので、むくみについて知りたい場合は
ご覧になってみてくださいね。
むくみとは?

 

気になる3つの原因と対策について紹介していきます。

 

病気によるむくみ

むくみの中で軽視できないのが、病気によるむくみです。

 

むくみは何らかの原因によって起きる症状なので、
どれも放っておくのは良くないのですが、ふくらはぎのむくみが何日も
続いていて、治りそうにない場合は医療機関で受診しておいた方がいいです。

 

むくみとなってあらわれたりするのが、心臓や肝臓、腎臓などといった
内臓疾患だったりすることもあり、下肢静脈瘤などになって足がボコボコに
なってしまうこともあります。

 

『何日もふくらはぎの痛みがとれないなぁ?』って感じた場合は、
放置せずに医療機関で、自分が感じている症状を細かく説明して診察してもらいましょう。

 

生理前(中)・妊娠中などによるむくみ

生理前や生理中、妊娠中にふくらはぎがむくむという場合は、
こちらでも触れていますので、詳しくは書きませんが、
カラダが妊娠の準備をおこなうために、血行不良になってしまい、
むくみが起きると考えられています。

 

『いつも生理の前や、生理中にふくらはぎがむくむかな?』という場合は、
一度医療機関を受診しておいた方がいいです。

 

一過性によるむくみ

『ふくらはぎを指で押したら、凹んでしまって戻らない・・』といった
むくみの症状が出ていたりするけど、『翌朝になったら元に戻っていた』
という場合は、一過性によるむくみである場合が多いようです。

 

一過性によるむくみであっても、そのまま何もしないで放っておくと?
・足が太くなる
・セルライトができてしまう
などといった症状に発展してしまうことも・・・・。

 

症状がひどくなる前にむくみの原因とされている、
あなたの生活を見直すことが必要となってきます。

 

普段から意識しておく対策法とは?
・塩分の少ない食事を摂る
・アルコールを控えめにする
・水分を摂り過ぎたり、摂らなかったりしない
・ビタミンやミネラルを摂る
・立ちっぱなしや座りっぱなしといった同じ姿勢をとらない
・適度に運動をして筋肉をつけ、血の巡りを良くしておく
・ストレスをためず、疲れを感じた時はグッスリ眠る

 

サプリメントを補助的に活用するのもアリ!?

一過性によるむくみの多くは、身体の冷えや血の流れが悪くなることに
よって起こされることが多いとされています。

 

普段から塩分を控えめにした食事を摂ることは必要です。
それに加えてむくみに特化したサプリメントを摂取して、
血液の循環や老廃物の排出を促すのもアリです。

 

むくみに特化してサプリで人気があるのが『するるのおめぐ実』です。
実際にするるのおめぐ実を飲んでみたレビューも書いているので、
参考にしてみてくださいね。

 

するるのおめぐ実を実際に飲んでみたレビューはこちら